「幸福度調査」の結果

先日、内閣府が行った

「幸福度調査」の結果が発表された。

10点満点で評価した結果、

日本人の幸福度は平均で6.5点。

男女別で7点以上を付けた割合は

男性が48%、女性が59%。

年代別では、30代の61%が最多だった。

そんな記事を見つけた。

30女の幸福度、

世間の中では意外に高そうだ。

私の幸福度は?と考えると、

7点?8点?

平均的な30代ってことかな。

なぜ7点かというと、

今でも十分幸せだけど、

あと3点はこれからもっと幸せになるから、

という答えが一般的なのだろうか。

他人と比べたら多少いいかなという考えで、

5点よりは2点上の7点というところか。

そもそも「幸福度」って何だろう。


すべてが幸せで、

何も不満がない人なんていない。

実際はいいことがあって、

悪いことがあってのくり返し。

だから人生ずっと5点で変わらないという人もいる。

なるほどなと思った。

でも私の本当の答えは7点でも5点でもない。

10点をつけたい。

「あのときああしていれば」

と思うことがある。

でも、それを含めて今の私がある。

今の私を受け入れて前に進みたい。

間違えもあったかもしれない。

でも今はそのすべてに感謝して、

もっともっと理想の自分を目指したい。

そこに私の「幸せ」があるから。

99点と100点の1点の差は大きい。

100点満点の可能性は無限大。

だから10点。

つらいことや悲しいことを乗り越えていくと、

その先に「幸せ」がある。

だから5点なんて言わないし、

3点とっておくなんて言わない。

10点満点でいつも勝負したい。

10点は12点にも15点にもなる。

他人から見たら今の私。

2点とか3点かもしれない。

それでもいいのです。

私の「幸せ」は私が決める。

あなたの「幸福度」は何点ですか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました