「来られたら、来てください」の仕事。

皆さま、こんばんは!

いよかん、です。

台風がよくきますね。

季節が秋へと変わろうとしているのでしょうが、

それにしても頻繁過ぎる・・・

「明日台風で電車がとまったら、

現地立ち合いないのかなぁ」

「いやいや、高速バスがあるだろう

全然間に合うよ」

職場で不思議な会話が繰り広げられている。

家を早めに出て、

電車がとまっていたらあきらめる、

ではなくて、

高速バスで間に合わせる、

なんて真面目な発想なんだろう。

現地立ち合いに参加する人数は、

10名ちょっと。

皆が遅刻しないで、時間通り始めるには、

それぞれが相当な努力を必要とするだろう、

と想像するのは私だけだろうか。

台風はそのときにならないと分からない。

夕方、外出先の私のスマホに、

同僚からメールが届いた。

「台風のため、

明日の現地立ち合いが延期になりました。

9月○日 午前10時~ 現地集合

来られたら来てください」

そうか。

今回は複数担当案件だから、

別に私が立ち会いに行かなくても大丈夫なんだわ。

私の予定の確認もしていなかったし、

連絡もメール一本だし。

もしここで「行きます」と答えたとしたら、

台風でも行かなくちゃいけないのだろうか。

そもそも「来られたら」のレベルなのに?

一度約束をしたら是が非でも守る。

意思の強さを物語る行動。

かっこいい。

それができないなら、最初から

「行けません。あとで現地を確認します」

という方が正解?

9月のその日にまたもや台風直撃はないだろうけど、

「来られたら来てください」の仕事で、

台風と闘いながら現地にたどり着くのは、

やっぱり嫌だなぁ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました