『世界一難しい恋』よかった!けど、ちょっと違和感。

皆さま、こんばんは!

いよかん、です。

ちょっと古い話で恐縮ですが、

『世界一難しい恋』

大野智さんの不器用に恋する社長、

観ていてとっても微笑ましくて、

いいな~と思ってしまいました!

ついに最終回でしたね。

ここから先はネタバレになりますので、

まだ観ていない方はご注意くださいね。

最後に二人が同棲することになるのですが、

そのときの生活が私にはどうしても違和感。

彼女が朝ごはんにお味噌汁と目玉焼きと、

簡単な朝食を作る。

彼女が洗濯をして、

彼の洗濯物はカゴに入れて、

彼に自分で片付けてもらう。

洗濯物をしまうのは彼自身で、

彼女は彼のプライベートスペースに入らない。

そのあたりは、すごく最近っぽい。

昭和の話なら、

洗濯物を彼の引き出しにきっちりしまって、

彼女が彼の服も管理、

みたいなことになりかねない。

お皿を洗うのは社長の彼、

という取り決めも最近っぽい。

でもね。

社長、忙しいです。

ホテルでバリバリ働く彼女、も、

当然、忙しいです。

一緒にごはんを食べる時間をとるのさえ、

正直難しいと思う。

自分たちで買い物に行って、

ごはんを作って、洗濯もして、

本当はそうしたくても、

仕事をちゃんとやろうと思ったら、

そんなことまでできないよ?

そうしたら、

お手伝いさんをお願いするのかなぁ。

現実には、

社長との恋愛だけでなく、

そこから先にある一緒に生活する、

という部分がとても難しい。

仕事と家庭の両立。

簡単に言わないでほしいのです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


タイトルとURLをコピーしました