友達以上?

「コーヒーおいしいね。

こんなお店知っているんだね。」

と美紀が言うと、

「ここは僕の隠れ家なんです。

飲み会の帰りとか、仕事帰りとか、

ちょっとほっとしたいときにここに来るんです。

まだ、誰も連れてきたことはないんですけど。」

斎藤くんは照れ臭そうに笑った。

普段は20代でもとおりそうだけど、

笑顔はちょっと落ち着いた感じ。

確かに、このお店の雰囲気に似合っていた。

「僕も、コーヒーが大好きなんです。

もし、小林さんがよろしければ、

また一緒にコーヒーを飲んでいただけますか?」

コーヒーを飲むくらい別にたいしたことはない。

でも、それはどういう意味?

コーヒー飲み友達?

そんなのあるのだろうか?

35歳の美紀と33歳になったばかりの斎藤くん。

同じ職場の二人。

コーヒーを飲むだけの関係というのはあるのだろうか?

〈iyokanからのお願い☆〉

読んでいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

よろしければ、がんばる30女に応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ


コメント

タイトルとURLをコピーしました