名前でよんで!

「結婚おめでとう!」そう言われている頃は幸せの絶頂だった。

「世界で一番幸せ」って思っていた。

「舞さんきれいね。」とか

「舞さんすごいわね。」とか言われて有頂天になってた。

大好きな家具や雑貨に囲まれて生活して、

年に一回は海外旅行・・・とか思ってた。

そんな優雅な生活は続かない。

子供ができたとたん時間に追われる日々。

自分のことをやっている時間がない。

いつの間にか・・・


「斎藤さんの奥さん」とか「○○くんのお母さん」とか呼ばれている。

旦那まで「お母さん」って、私はあなたのお母さんじゃない。

「奥さん」や「お母さん」それって名前じゃない。

何か付属品みたい。

どうしてこんなに変わってしまったんだろう。

家族は大切。

子供がいてよかったと思うけど、

家族の世話をするだけが私の人生じゃない。

そのうえ子供たちにも感謝どころか

「お母さんヒマでしょ?」

「お母さんみたいになりたくない!」

とか言われてしまう。

世間でも専業主婦っていうと「ヒマ」の代名詞みたいに言われる。

働いてないのってそんなにいけないことですか?

うちにいてちゃんと子育てしている専業主婦だっているのに、

どうして家事労働ってこんなに評価が低いんだろう。

たまには主婦だって「よくやってるね」って誉められたい。

料理、洗濯、掃除、子供の世話・・・

一つ一つはたいしたことないけど、

子供だって思うようには動いてくれない。

育児ノイローゼだって幼児虐待だって他人事じゃない。

何もなくて当たり前。

何もなく家族みんなが楽しく暮らせるように整えるのが主婦の仕事。

でも、家族の世話係だけでは終わらない。

私は私。他の誰でもない。

もっときれいになる。

もっと強くなる。

もっと賢くなる。

努力をする。

だからせめて名前でよんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました