告白

彼は、美紀の目をじっと見つめる。

それから思い切ったように話し始めた。

「あなたもお会いになったとおり、

僕には妻も娘もいます。

でも、あなたがしばらく美術館にみえなくなって、

もうあなたは来ないかもしれないと思ったら

誘わずにはいられなくなって・・・。

都合のいいお願いだと分かっています。

でも時々こうして会ってもらえませんか。」

美紀は驚いて何も言えない。

彼の目は真剣そのものだ。

目をそらしたいのに、そらすことができない。

思わずうなずきそうになる自分がいる。

でも、奥さんがいることを知っているのに、

こうして会うことなんてできない。

どんなに彼に魅かれても、

彼を好きになっても

彼には家族がいる。

その事実は、どうすることもできない。

やっと人を好きになれそうだったのに、

どうしてうまくいかないんだろう。



〈iyokanからのお願い☆〉

読んでいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

よろしければ、がんばる30女に応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ


コメント

タイトルとURLをコピーしました