女の価値

もう疲れたな・・・。死んでしまおうか。」

千春はそんなことを考えるようになった。

子供が産めない女なんて、女としてできそこないだ。

生きる価値もない。

最後に心から笑ったのはいつだったか。

もう思い出せない。

誰にも会いたくない・・・。

何をやっても楽しくない。

そんな千春にも夫は優しかった。

でも子供ができない自分が申し訳ない。

私がいなくなれば夫は再婚して自分の子供がもてるとも考えた。


でも夫は千春を愛してくれている。

子供のことはきつい事実だが、

千春を支えようと一緒に努力してくれている。

もし千春が自ら死を選んだら、きっと彼は一生自分を責めるだろう。

そんなことはできない。

千春にとって毎日生きることは地獄となっていた。

「可能性がゼロでない限り不妊治療を続ける。」

そう決めていたものの、疲れ果てた千春は

「もうやめてしまおうか。楽になりたい・・・。」

とも思うようになっていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました