女を捨てた人

皆さま、こんばんは!

いよかん、です。

今日はいいお天気でした!

洗濯物がよく乾きますね(*^-^*)

「図書館内乱」(有川浩著)を

読みました。

あの有名な「図書館戦争」の2巻です。

読みやすくて、

中身もとてもおもしろかったんだけど、

後書きにあった、

有川浩さんと児玉清さんの対談が、

おもしろかった!

その中での有川さんの発言。

「今の社会では、

仕事をしている女性って、

女性らしいところを見せつけたら

つけ込まれるからと、

肩ひじ張って、

ジェンダーを振り捨ててるようなところが

あるじゃないですか。

それもちょっと、

無理しているよね、

っていうのは、

すごく思うんですよ」

まさにそうだな~。

「作法としての男性らしさ、

女性らしさというよりも、

心根としての男性らしさ、

女性らしさ。

そこを大事にしていけたらいいな、と」

と続く。

有川さん、さすがです。

確かに、

有川さんの小説の女の子は、

根本は女の子らしいし、

男性はかっこいい。

これだけ人気があるのは、

きっとみんながどこかで、

それを見て安心するから。

働くうえで「女性」は損で、

男性と同じように働くことが、

求められる社会で、

「女性」を出して働くのは、

ものすごく恥ずかしいし、

働きにくい。

でも自分の性別は、

どこまでいっても、

切り離せなくて、

どんなにバリバリ働いている人でも、

妊娠出産となると、

一度は大舞台から退く。

「昨日赤ちゃん産んだんだけどさ~」

と言って、

翌日なんでもなく、

復帰できたらいいのにね。

それに、

やっばり自分が産んだ子供は、

特別にかわいくて、

そこに「女性」性があるのかもしれない。

子供はかわいいけどね。

仕事は仕事だから、

子供のことを預けっぱなしでも、

私は私なりに愛しているの。

それもアリだと思うけど、

日本の社会では、

かなり風当たりが強いだろう。

そこまでして、

働き続ける自分って・・・

「女性」であるだけに、

いつも、

自分に問い続ける。

自然に働いていけたらいいのに、

無理しないと働けない。

それでも働くことをよし、

とされる。

難しい時代になったな、

と思います。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


コメント

  1. よしお より:

    SECRET: 0

    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456

    いい天気で洗濯物がよく乾いて良かったですね。

    女性らしさをたもつのも大変そうですからねぇ。

    それに、女性らしさも人によって異なるでしょうからねぇ(・。・)

タイトルとURLをコピーしました