幸せになってもいい?

小学校を卒業して、

誰も知る人のいない私立中学にいっても、

由美はいつも誰かが自分の悪口を言っているような気がしていた。

誰のことも信用できなかった。

それなのに、25になって、

うかつにもまた信じてもいいのかなと思ってしまった。。

それも恋愛という一番無防備な形で。

そして、また15年前と同じ「デブ」という言葉で終わった。

同じことの繰り返し。

それなら好きなだけ食べてデブになってやろうと思った。

100kgを超えても、デブで何が悪い?と思っていた。

やせる努力をする自分なんて許せなかった。


でも、25年前にとらわれていたのは私自身?

由美は考えずにいられない。

「ずっと気にしていた」とか「ごめんなさい」

という言葉がどこまで本当かは分からない。

「私の25年間を返してよ」とも言えない。

でも、もう次に進んでもいいのかな。

25年間ずっと、やせる自分、幸せになる自分を許せなかった。

デブだからという理由で。

もうデブをやめる努力をしてもいいのかな。

幸せになる権利あるのかな。

小学校時代のこと、

「いじめ」とかそんな言葉で片付けたくなかった。

でもどんなに時が流れても、

どうしても由美の中から消えなかった。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました