忘れてはいけないこと。

弘子は先日「服をお買い上げいただいたお客様」に電話をした。

そして正直に申し上げた。

「裾上げをして肩をつめると、

既存のデザインとシルエットが変わってしまうこと」を。

お客様は最初大変驚かれたが、

「ありがとう。正直に言ってくださって。

大きな買い物だったから、

サイズを直しても大丈夫かどうか、

帰ってからも気になっていたの。

もし、電話をいただかなかったら、

のせられて買わされた気持ちになっていたわ。


失礼だけど、出来が悪かったら

二度とそちらでは買わなかったでしょう。

でも言っていただいたからはっきり分かったわ。

とても気に入った服だったから、

もしダメでも挑戦してみたいの。

私の意思で。

サイズを直してくださる?」

もしもお客様が返品されるのであれば、

サイズ直しが入っている以上

自分でその服を買い取るつもりだった。

でもお客様の結論は変わらなかった。

そのうえ、販売員が告げ口をしたらしく、

本部からはひどく怒られた。

果たして弘子のしたことは正しかったのか。

結果は変わらない。

でもお客様の信頼は取り戻せた。

自己満足かもしれないが、それでいいのではないか。

弘子のしたかったことはそこにあるように思えた。

まだ答えは見つからないけど、

キャリアを積み上げていくことが答えではない。

「大好きな服を売って楽しい。」

「お客様に喜んでいただいてうれしい。」

その単純な気持ち。

仕事を続けていく以上、

それは決して忘れてはいけないことだった。



にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました