忘れられた約束

画の正面に立ち、じっとそれに見入る。

美紀のいつもの習慣だ。

先ほどの雨のせいで人は少なく、

ゆっくりと正面を陣取ることができた。

でも、いつ彼が現れるかと思うと、

画を観ていても周りばかり気になってしまう。

どうしても観たいと思っていた画だったのに、

その画の存在感は間違いないのに、集中できない。

美紀は待っていた。彼が現れるのを。

静かな美術館で、

どこからか、彼の声が聞こえるかと、

全身を耳にして。

閉館のアナウンスが流れ始める。

もうすぐ8時。

初めて彼に声をかけられたのは、

この時間だった。

閉館に向けて、何か仕事をしているのかも。

仕事を終わらせてから、

美紀のところに来るのかも。

そんな美紀の期待はあっさりと裏切られた。

係員のおばさんがにこやかに近づいてくる。

「もう閉館のお時間ですので。」

気づけば、お客は美紀一人のようだ。

彼に会えなかった・・・。

もう半年も経っている。

メールでの約束なんてきっと忘れているんだ。

そんな昔の約束、まだ覚えている方がおかしい。

あの雨の中、必死でここまでやって来て、

ドキドキして待って、何だかばかみたい。

何を期待してたのだろう。私。

〈iyokanからのお願い☆〉

読んでいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

よろしければ、がんばる30女に応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ


コメント

タイトルとURLをコピーしました