次の人のために。

皆さま、こんばんは。

最近、すっかり涼しくなりましたね。

梅雨明け後は、本当に暑かったのに、ウソのよう。

でもこれだけ気温の変化が激しいと、

あまり仲が良くない人でも「暑いですね。」とか

「急に涼しくなりましたね。」とか会話もしやすい。

天気の話って、誰も傷つけないから。

さて、今日は地域活動の話。

私の住んでいるマンションでは、

毎年交代で役員決めがあります。

役員になると地域の夏祭りに、

お手伝いにいかなくてはなりません。

これが結構大変・・・。

神社から御神輿をかつぐ子供たちをガード。

「はーい。車来ますよ!広がらないで。」と言ったり。

途中でアイスを配ったり、ジュースを配ったり、

近所の公園で金魚すくいしたり。

全部自治会費でやるので、子供たちは無料です。

だから参加者も多い!!

10年に1回くらいの話だし、

基本的には当日のみのお手伝いなので、

自治会本部の人の言うことに従うだけ。

体は使うけど、頭は使いません・・・。

でも私は仕事上、指示をされなくても、

気がついたら動くという習慣がついているので、

ついつい気がつくと荷物を運んだり、

人を誘導したりと結構忙しい。

余計なことなのかもしれないけど、

明らかに人手不足みたいだったので、

できることはやった方がよいよね。

と思っていたら、同じマンションの30代主婦が隣でポツリ。

「あまり働くと、来年の人の仕事が増えちゃって、

来年の人に迷惑がかかるからって、主人が言ってた。」

なるほど。少し納得。

そうか、ここで仕事のせめぎ合いがあるのね。

私なんか今年だけだし、

無責任に仕事を増やしてはいけない・・・。

確かに、自治会本部の人たちは

「ありがとう。じゃあ、これもお願い。」となっている。

でも、自分が住んでいる街のためのお祭りだよね。

自治会本部の人たちだって、おじいちゃんおばあちゃんだし、

お祭りに参加する小さな子供がいるようには見えない。

地元のみんなでよくしようとするのが、

地元のお祭りなのでは???

次の人のためにと思っても、

気がついても何もしないというのは、

私にはできない・・・。

そういえば幼稚園の夏祭りの役員をやっていた友達が、

「楽しい夏祭りにしようね!」と同じ役員のお母さんに言ったら、

「でも、親が大変だし、楽な方法でよくない?」と言われて、

怒っていたっけ。

「何のための夏祭りなの?子供が楽しむためじゃないの?」と。

地域の行事ってこうやってすたれていくのかしら。

何だか少しさびしい。

でも自治会本部を差し置いて「自分がやります!」とも言えないし、

今は自分のできることを精いっぱいやるしかないよね。

なんとなく自分の力不足を思い知らされた出来事でした。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

応援していただけると、とてもうれしいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました