神様の決めたこと

妊娠検査薬は“陰性”を示していた。

しばらくすると生理が来る。

ずっと、そのくり返し。

「いつまで待てばいいの?」

千春は37歳。もう結婚して7年になる。

勤めていた保険会社の先輩だった夫も、今年で40歳。

仕事は辞めてしまったけど、夫との生活は穏やかで楽しい。

千春は「この人でよかった」と心から思う。

郊外にマイホームも手に入れた。

でも、子供が欲しい。


子供は二人。女の子と男の子一人ずつ。

幼いころからそう決めてた。

それなのに、7年たってもまだできない。

「子供はまだ?」とか「子供っていいわよ~」

とかさりげなくお節介をやく人もいなくなった。

30で結婚。

すぐに子供をつくれば、決して遅い方じゃない。

32で少し不安になる。

でも2年くらいできないのは普通というし、もう少しがんばろう。

本を読んだり、ネットで調べたりして、できることは全てやった。

基礎体温をつけ始めて、排卵日もなんとなく分かるようになった。

35歳のとき、不妊の可能性を調べに行った。

嫌な予感はみごと的中。

自分が“子供ができにくい体”なんて思いもしなかった。

いや、認めたくなかった・・・。

この5年間は何だったの?

あきらめきれず、不妊治療を始める。

甘い雰囲気なんてあったものじゃないけど、

ときどき喧嘩しながらも、夫は協力してくれる。

でも、もう37歳。

「いつまでまてばいいの?」

いつの間にか7年もたってた。

神様はいじわる。

こんなに子供を欲しがっている夫婦のところに、

子供を授けてくださらないなんて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました