約束の場所

その美術展は「当たり」だった。

日本の美術館は狭い。

美術展の良し悪しは、

その狭い展示スペースに

どれだけいい画が集められるかにかかっている。

1枚でもお気に入りの画を見つけて

そこから何かを感じ取れれば

美術展に行った価値があるのだろうけど、

いい画がそろっていればいるほどその確率は高くなるからだ。

でも、美紀は全然画に集中できない。

「これは、いい画だな。」

と思ってもその世界に入り込むことができない。

それは、彼との約束があるから。

何となくうわの空で美術展を一巡したあと、

美紀は「これ!」と思った画の前に戻ってくる。

美紀の大好きな画家の画。

そして、彼の大好きな画家の画。

彼もきっとこの画が一番好きだろう。

話さなくても分かってしまう。

何となく。

そして、声をかけられるとしたら

この画の前だろう。

〈iyokanからのお願い☆〉

読んでいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

よろしければ、がんばる30女に応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ


コメント

タイトルとURLをコピーしました