結婚のチャンス

休みの日に会うようになって、3回目のデート。

映画をみたあとで、食事をしているとき、

斎藤くんは言った。

「職場の先輩だから、

どうやって誘っていいか分からなかったんです。

でも、今日は言おうと決めてきました。

結婚を前提に僕とつきあってください。」

ああ、ついに言われてしまった・・・。

うれしいはずなのに、美紀は素直に喜べない。

斎藤くんは理想的な青年だ。

結婚してもきっと優しい。

何回か会っただけで、彼の人柄は伝わってきた。

告白するまでに、じっくりと時間をかけたのも、

彼らしい優しさなんだろう。

それも分かる。

でも、美紀は「美術館で出会った彼」がまだ気になっていた。

奥さんも子供もいる人が、気になるなんて。

目の前にいる青年を選ぶ方が、絶対にいい。

そんなこと、誰に言われなくても分かっている。

もう半ばあきらめかけてた結婚のチャンス。

自分のことをこんなに好きでいてくれる人がいる。

こんな幸運はもう二度と訪れないかもしれない。

〈iyokanからのお願い☆〉

読んでいただいて、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

よろしければ、がんばる30女に応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ


コメント

タイトルとURLをコピーしました