見ないふりでいいの?

あるとき、弘子のお店に年配のお客様がおみえになった。

「この服いい色ね。デザインも素敵。

でもちょっとサイズが大きいわ。どうにかならない?」

弘子は事務をやりながら、

自分の店の店員が接客するのをみていた。

「裾をあげたり、肩のところを詰めたりすると少し大きさは調整できますよ。

こんな感じですが、いかがでしょうか。」

「そうね。それではそうしてちょうだい。」

お客様は仕上がり日を確認されてお帰りになった。

マニュアルどおり。何もまちがっていない。

でも、弘子には何かひっかかる。

何だろう。

帰ってからもずっと考えていた。


そうか。

軽くつまんだだけでは分からないけど、

実際に裾あげをして肩をつめると、シルエットが大きく変わってしまう。

ささいなことのようだが、服の印象も全く違うものになってしまう。

でも、お客様は満足して買われた。

それでいいの?

かなり高額な商品だった。

店の利益にも大きく反映されるだろう。

それは店長である弘子が最も気にしなければいけないことだ。

会社の方針としても間違っていない。

お金にも不自由してなさそうなお客様だったし、

「気に入らなければ着ない」だけ。

何より決定されたのはお客様自身だ。

正当化する言い訳は次々と出てくる。

でもそれでいいの?

分かっているのに言わないのは詐欺ではないのか?

気付かないふりをすれば何もなかったことになるのか。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました