資格の有効期限。

皆さま、こんばんは!

いよかん、です。

そろそろ秋!

秋といえば学問の秋!

食欲の秋とも言うけど、

秋の資格試験に向けて、

勉強中の女子が増えています。

隣の部署の女子は、

簿記2級を受けるとかで、

毎朝8時前に出勤して、

問題集を解いている、らしい。

「らしい」というのは、

遅刻ギリギリの私は、

この目でその姿をみたことがないから(笑)

資格をとれば安泰みたいな時代は終わったけど、

それでも自己を高める手段として、

会社を辞めなければならない場合の保険として、

資格をとる。

最近では、

会社が補助を出してくれる資格も多いから、

それを利用して勉強する人も多い。

でもちょっと待って。

20代、30代なら、

その資格を使える期間は、

30年、40年ある。

でもこれが50代なら、

現役時代はあと10年?

いやいや、

70歳までは現役と呼ばれるこの時代。

定年退職してから資格を使って独立だって、

十分にあるよ。

とは言うものの、

体力も記憶力も年とともに衰えていく。

同じ資格をとるなら、

有効期限が長い若いうちの方が、

ずっと効用が高い。

例えば、

経理も財務もなんの専門知識もなく、

実務経験のない私が簿記2級を取得して、

50歳で会計事務所に就職しようとしても、

かなり難しいだろう。

40歳にもなれば、

自分のできることは、

ある程度分かってきている。

「資格」という他者から認められた看板よりも、

人脈とか実務能力の方が、

仕事にはずっと役に立つ。

年をとってから新しいことをしても無駄、

と言っているわけではないの。

「資格」という形が必要なのかは疑問だけど、

自己を高めるという意味では、

いくつになってもチャレンジすることは、

すばらしいこと、ですよね。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました