15年勤めた会社を辞めて気づいたこと。

皆さま、こんばんは!

いよかん、です。

また今週が始まりました。

私のメインパソコンは相変わらず、

死のエラー画面を映し出すだけ。

新しいパソコンがくるまで、

キーボードがいかれているノートパソコンで、

どこまでいけるか???

失って気づく大切なもの、ですね(笑)

前の会社を辞めてもうすぐ3年になります。

新しい職場で、

新しいことをやってみて、

最初はめちゃくちゃ大変で、

泣きながらやっていたことも、

ようやく形になってきました。

そんな中で、

自分の好きなこと、やりたいことが、

やっと分かってきました。

書くことが好きです。

人と話すことが好きです。

不動産が好きです。

この生きにくい世の中をよくするために、

少しでも何かをしたいです。

特に女の人が働く、

子供を産むことに対して、

もっと社会が変わっていってほしいと思う。

私は子供がいるにも関わらず、

女性登用の波にのって、

前の会社では出世の波にのせてもらった。

やっとの思いで、

会社の中で自分のレールをひいたのに、

なぜ今、辞めるのかと、

みんな首をかしげた。

でも私がなりたかったのは、

安定企業の管理職ではないし、

女性初の○○、という冠も欲しくない。

ただ私らしく生きたいだけ。

そんな想いとともに辞めてみたけど、

やってみないと分からないことは、

たくさんある。

福利厚生がしっかりした会社で、

会社に守られながら男性と同じように働く。

子供が産めて、ステータスがある仕事、

会社にも大切にしてもらえて、

人もうらやむ状況に見えるけど、

当然残業もあるし、転勤もある。

仕事のやりがいは、

そこそこあるかもしれないけど、

楽じゃあ、ない。

人よりはまし、と思えばいい。

これ以上のぞんだら、贅沢というもの。

分かっています。分かっています。

それでも不器用な私は、

まっすぐ前へ進むしかなかった。

自分が安全地帯にいる人の言葉は、

伝わらない。

「自分で経験することほど、

なにかを上手に学ぶ方法はない」

(アルバート・アインシュタイン)

でも、

こんな私のワガママをゆるしてくれた周りの皆さまに、

感謝せずにはいられません・・・。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました