30代後半で初めての営業?!学んだこと。

皆さま、こんばんは!

いよかん、です。

やっと週末!

今週は新しいクライアントに会ったり、

夫婦それぞれが出張だったり、

バタバタでした・・・

何にもする気がおこらなーい!

なーんて、

グチグチすみません・・・

以前に初めて営業を経験したときの話。

営業なんてやったことないし、

お客様に商品を買っていただくために、

いろいろ言わなくちゃいけなくて、

なんだか自分に自信がなくなっちゃったの。

お客様と話すのは商品を買ってほしいから。

だとすると、

それは下心があってのことで、

お客様に誠実に接していないからじゃないかと。

自分のことしか考えていないのではないかと。

そう思ったの。

営業というのは商品を売るのが仕事。

売れなければ仕事をしたことにならない。

結果がすべて。

だから売れる営業は感じがいいし、

この人から買いたいと思わせる何かがある。

私の場合は、

ひどい断られ方をすることもあったけど、

優しくしてくれる人もいて、

そういう優しくしてくれる人に商品を買ってもらうのは、

なんだか申し訳ない気がして。

そんなことを禅の先生に相談しました。

「難しい問題だけど、

目の前にいる人のことを最大限に考えてあげられたら、

それでいいんじゃないか。」

そう言ってもらいました。

それからの私は、

気持ちを入れ替えトップセールスにまで、

上りつめました。

なーんてことにはならなかったけど、

大切なことをおそわったなという気がしたので、

今ここで書いています。

営業は自分の成績のためだけに売るんじゃない。

それを売ることで相手がハッピーになるから売る。

そんな風だったらいいよね。

これは営業ではなくても、

どんな仕事でも同じじゃないかしら。

みえない相手でも、

その商品を使う相手が、

最大限満足できるようなものを提供できれば、

いいよね。

そんな仕事をしたいなぁ。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました