30女のマンション選び(賃貸編)

皆さま、こんばんは!

いよかん、です。

今日も暑かったです。

梅雨というのは、

肌寒いイメージがあったけど、

最近は梅雨はほとんどなくて、

いきなり夏!みたいですね。

実は私、約20年間、

不動産を専門として、

仕事をしております。

今は不動産レポートを書く、

というような仕事をさせていただいて、

結局書くことが、

好きなんだな~と思います。

あ!!

仕事の文章はもっとめちゃくちゃ、

かたいです(汗)

「30女のマンション選び」

というカテゴリは、

何年も前につくっておきながら、

そのままになっていました。

今日は初めての記事を、

書いてみようかなと思います。

家は早く買った方が、

お金が貯まるという。

「お金が貯まるのはどっち!?」

(菅井敏之著)でも

持ち家派、賃貸派を比べているけど、

「資産をつくるなら、断念「持ち家」がいい」

としている。

資産価値が下がらない立地のマンションを買えば、

マンションが将来の自分の資産になる。

確かにそうかもしれない。

でも私はどちらでもいいと思う。

ただし、賃貸の場合、

贅沢をしてはいけない。

年収の2割が理想の家賃。

年収300万円なら家賃月額5万円

年収400万円なら家賃月額約6.7万円

年収500万円で家賃月額8.3万円

30代OLの平均年収は300万円~400万円だから、

理想の家賃は月額5~6.7万円になる。

でもこれはあくまでも理想。

「一人暮らしに関するアンケート調査」によると、

(全国宅地建物取引業界連合会2012年度版)

一人暮らしの半数近い人が、

月収の3割以上の家賃をはらっているとか。

東京の場合、

都内でオートロック付きで、

駅まで徒歩8分以内で、

という条件をつけると、

かる~く家賃7~8万円になってしまう。

住まいは簡単には変えられない。

節約、節約、といいながら、

家賃という大きな項目は、

必要経費という項目でみている人も多い。

心地よい環境が、私をつくる。

それもまた、事実。

住まいに妥協できない人、

家賃が高くなってしまう人は、

他のモノを我慢してでも、

家を買った方がよさそうです。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました