36歳の彼が会社を辞めた本当の理由。

皆さま、こんばんは。

いよかん、です。

今日も暑かったです。

夕方ドシャーッとまとめて雨が降っても、

涼しくならないのはどうしてでしょう?

最近のお天気には、

爽やかさがない!

と思うのは私だけでしょうか。

後輩が10年間勤めた安定企業を辞めた。

彼はわざわざ渋谷まで挨拶に来てくれた。

実家は12人の従業員を雇う運送会社で、

関西で家業を継ぐことにしたとか。

ふーん、よかったね。

おめでとう。

実は心の中でちょっと思った。、

逃げたでしょう?

彼は同期みんなが役職に就いている中で、

3年経っても役職につけなかった。

会社の中での出世がすべてじゃない。

辞めた会社ではダメだったけど、

家業を継いだら、

ものすごくうまくいくかもしれない。

家業は結構儲かっているらしい。

でなければ、

無計画に優良企業を辞めないと、

彼自身が豪語していた。

でも、なんだかね~。

彼に会社勤めを続けて欲しいと、

思っていたわけではないけれど、

逃げ場があるんだ、

と思わせる何かを感じてしまった。

ハッピーな話なのに、

なんだか悲しい。

その一方で、

逃げ場があるなら、

逃げてもいいじゃん、

と思う自分もいる。

どんな形でも楽ではないけど、

彼が決めたことだから、

彼が幸せになればなんでもいい、

と勝手に思う。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました