37歳。共働き女子が仕事を辞めたあと。

皆さま、こんばんは!

いよかん、です。

前の会社の同僚と飲みました。

男子3人女子1人(私)の飲み会です。

男子、女子と書いているけど、

みんなアラフォーなので、

かなり落ち着いた宴会ですね・・・。

私以外の3人は前の会社に残って、

課長職手前か課長職といったところ。

これから10年。

転勤を繰り返しながら偉くなっていく。

仕事もおもしろくなっていく世代ではあるけど、

サラリーマンも楽ではありません。

その中の後輩の話。

ハイスペック女子と30歳で結婚した彼。

奥様は昨年会社を辞めたという。

彼女は大学時代に留学経験があり、

英語、イタリア語、中国語を操るスーパーキャリア。

部下をひきつれて海外出張もよく行っていた。

実は同じ社内でも彼女の方が課長、

彼は係長というカップルだった。

同じ会社で役職が違うのだから、

彼女の方が稼いでいるよね。

でも辞めたのは彼女の方。

どうして?と聞いたら、

彼は答えた。

「前から時々体を壊して休んでいたし、

しばらくは働かなくてもいいかなって、

二人で話し合って決めたんです。」

大学卒業して37歳まで働いていて、

普通に専業主婦とか、あきないの?

「今は休憩ということで、

働きたくなったら働けばいいと思っていたんですが、

1年たった今ではずっとこのままでもいいかな~って。」

なるほど。二人なんだし質素に暮らせばいいのよ。

「いえ、やっと時間ができて、海外にも行けるから、

年末はシンガポールに、

この間はイタリアに行ってきました。」

おいおい。大丈夫かい。

「それにね。

家に帰って、彼女が、おかえり~と言って出てきてくれて、

夕ごはんもできていて、幸せだなと思うんです。

今まで早く帰った方がご飯を作っていたから、

僕が30、40分でササッと作ることが多かったんですけどね。」

共働きで優しい旦那さまの協力もあって、

自分の仕事もあきらめない。

二人で好きなところに旅行に行ったり、

休みの日は二人でちょっといいお店で食事。

共働きっていいよね。

よく言われる。

でも本当はちがう。

お金をもらっているんだから、

男性も女性も関係なく働くのは当然っていうけど、

人間はそんなに頑丈にできていない。

ロボットじゃない。

普通に二人で家でご飯を食べて、

普通に散歩をして、

どうでもいいテレビを一緒に見て笑って、

ああ生きててよかったな、

と思える時間が生きていくうえで必要なの。

心の栄養。

それがないと、

いつしか心が枯れてしまう。

結婚して初めて、

共働きじゃなくなった後輩夫婦。

やっと普通の夫婦らしい時間を満喫しているみたい。

よかったね。

がんばりやの女子は、無理してしまう。

もっと自分はがんばれるはず、

もっとうまくできるはずって。

まわりもそれを応援する。

がんばれ、がんばれって。

でもね。ときどき疲れちゃうの。

人生の休憩時間があっても、いいよね。

サラリーマン化して、

男子にまじって、

お酒を飲んでいる私に言われたくないか(笑)

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

おかげさまで、30代OLブログ1位をいただきました!

いつもありがとうございます。


コメント

  1. まるちんまま より:

    SECRET: 0

    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456

    男性だから、女性だからと思いいたくないけど、実際に同じスペックをもった、男性と女性がいると本来は全てが平等であるべきですが、実際は、どうなんでしょうね。

    女性はとくに結婚する相手で、その後の生き方が変わるって人が多い気がします。

    どんなにできようが、結婚、そして、仕事を続けていきたいと思う女性なら少なからず悩んでしまう、出産する?しない?するならいつ?

    そんな様々なハードルをどう乗り越えるのか。

    女性もバリバリ働いて、どんどんキャリアをあげることができるようになったとはいえ、まだまだ男性社会の日本で女性がひとりの人として生きていく難しさ。

    その反面、仕事をセーブしたり、辞めて家庭にいる選択が、男性より柔軟にできる環境。

    いよかんさんのその後のブログも楽しみにしています。

  2. さくら より:

    SECRET: 1

    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04

    いよかんさん~

    はじめまして さくらと申します。

    共働き、家事、育児・・・と懐かしく拝見しました。

    毎日、仕事を終え、飛んで帰って家事・子どものこと・・・と、

    夢中に過ごしていました。

    どうして私ばかり・・・(怒)

    お笑いテレビを観ても、よく笑えるわって思ったりも。

    男なら、年月がくれると管理職になる。あんな男が?と、

    理不尽な思いもした。

    やれやれと思うと、次の試練が・・・

    まだ 何を? どうして?って思ったのは

    最後は、自分が病気になって、三途の川を行ったり来たりしたこと。

    36年間共働きをして、65歳を迎えた今思うことは

    人それぞれ背負っているものは違うけれど、器はみんな同じって、最近思えるようになれました。

    大変なことはいろいろあるけれど、小さな喜びが元気の源になることも。

    悔しいことやむかつくことはあっても、いずれ気づくくわ・・・と、

    流せるようにもなりました。

    とはいっても、心配事もたくさんありますよ。

    今に思えば、こうでなければ・・・と頑張りすぎたり、

    夫の両親との同居生活や職場のことなど、ストレスを抱えすぎたことが、長年蓄積して身体にきたのかも?

    過ぎてみれば、ケセラセラでなるようになるもの・・・と気づきました。

    そう思いながら、自分の身体にやさしい言葉をかけて

    過ごしています

    きっと、ゆっくりとお食事を楽しんだり

    笑ったり、うれしくて涙したり・・・

    ああ生きててよかったな、

    と思えるときが たくさんありますよ。

    「心の栄養」大事ですよね。

    みじかなところに あるものですよ^^

    ごめんなさいね。かつての自分と重なってしまい、いろいろ書いてしまいました。

    男性と肩を並べて頑張り過ぎた自分の反省も含め・・・。

    お気にさわったらごめんない。

    後は消去してくださいね

  3. お千 より:

    SECRET: 0

    PASS: 46562ff96f079fa6a07f92dc112fdca2

    ホッコリするようないいお話です。

    女性もいろいろ生き方を選択できる。いい時代になってきたと思っています。

    私は来年70歳、男性優位の世界で生きてきました。

    今は夫と朝から晩まで一緒。

    御飯の支度も結構大変、品数がたくさんいるし、

    年金は生活保護以下レベルだから。

    最近私の体が少し不具合になってきて、亭主関白だった夫がいろいろ手伝ってくれるの。

    お陰で自分の時間が持てるようになって、今が一番ほっとしています。

    同居の娘(30代)に言わせたら、そんなの当然、父はもっと自分でやるべき、と言っていますが。

    しんどいことを経験すると、当たり前になっても感謝することができます。悪いことばかりではありません。

  4. iyokan より:

    SECRET: 0

    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456

    まるちんまま さま

    コメントありがとうございます!

    ちゃんと読んでいただいて、

    ご意見いただき、嬉しいです。

    私は男性と女性は平等ではない、

    と思います。

    というよりも、たぶん、

    男性も女性も平等であること、

    まったく同じように働くことを、

    求めていないと思う。

    私の後輩の奥様が会社を辞めたように、

    稼いでいる方が仕事を続けるということでもない。

    ただ夫婦で家族で幸せに生きるために、

    お互いに役割分担ができればいい。

    できれば、やりたいこともあきらめずに。

    働き方ももっと柔軟に。

    男性女性にかかわらず、

    自分が幸せに生きるというのは、

    仕事だけでもないし、

    生き方を選んでいくというのは難しいですね。

    私もがんばります(^^)/

    応援ありがとうございます。

  5. iyokan より:

    SECRET: 0

    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456

    さくら さま

    コメントありがとうございます。

    さくらさまも、

    がんばって働いてこられたんだなと思うと、

    とても励みになりました。

    まだまだ若輩ものですが、

    「生きててよかった」

    と思える時間を重ねていけるように、

    迷いながらもがんばって進んでいきたいと思います。

    ありがとうございました。

  6. iyokan より:

    SECRET: 0

    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456

    お千さま

    コメントありがとうございます!

    世代を超えてコメントをいただけたこと、

    本当にうれしく思います。

    いいお話、ですね。

    私もそう思います(^^♪

    女性も生き方を選択できるいい時代になりました。

    私たちは選べることを当たり前みたいにして、

    あれが足りない、これが足りないと、

    足りないものばかり求めているけど、

    本当は今までお千さまも含めた先輩の女性たちが、

    がんばって切り開いてきた道の上に乗っかっているだけなんです。

    でもここまで来たんだから、

    もっともっとよくしたいです。

    もっと働きやすく、もっと子育てしやすく、

    もっと自分の時間もとれるように、

    謙虚なお千さまには叱られてしまうかもしれないけど(笑)

    女性にもこうして選べる時代がきたことに感謝する気持ちを忘れずに、

    次の世代のためにも、

    もっともっとあがいていきたいと思います。

    ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました